052-363-5080

お問い合わせ

製品紹介

アペックの自信作

弊社は創業から25年の実績と経験・ノウハウを持っています。そして製品の構想段階から、
最終据付、アフターフォローまで幅広いサポートとともにお客様に寄り添い、
お客様のお困りごとをどこまでも解決していく風土があります。

  • 創業から25年の実績と経験・ノウハウ
  • 構想段階から、最終据付、アフターフォローまで幅広いサポート
  • お客様に寄り添い、お困りごとをどこまでも解決していく風土

一般的なパーツフィーダー

パーツフィーダーには用途に合わせ何種類か種類があります。
流すワーク(部品)の種類によってその特徴や選別方法において変わっていきますが、お客様とのヒアリングによりお客様のご要望にお答えし、顧客に最適なパーツフィーダーを選別して製作致します。

  • 標準ボウル型パーツフィーダー
  • 段付ボウル型パーツフィーダー
  • モノドライブリニアフィーダー

標準ボウル型パーツフィーダー

段付ボウル型パーツフィーダー

モノドライブリニアフィーダー

パーツフィーダーで流すことができるワークの種類

パーツフィーダーで流すことができるワーク(部品)にも様々な種類があります。基本ほとんどのワークを流すことができます。
ワークの形、大きさ、特徴、選別方法によって、最適なパーツフィーダーを選別しそのワークを方向選別し陳列して製作していきます。
お客様とのヒアリングによりお客様のご要望にお答えし、最適なパーツフィーダーを製作致します。

  • ボルト、ネジ、ワッシャ
  • プラスチック、樹脂製品
  • Oリングやゴム製品
  • 丸棒、プラグなど金属製品
  • 試験管などのガラス・アクリル製品
  • バネなどの複雑な形状の製品

パーツフィーダー製作工程

弊社はパーツフィーダー設備をゼロの状態からヒアリング、構想を行い製作からアフターフォローまでを行います。
お客様の生産工程・工場環境で安心してパーツフィーダーをお使いいただけるよう、丁寧にオリジナル機械をお作りします。

アペックが行うワンストップサービス

  • 顧客の意見をヒアリングし、構想を練る
  • 機械と部品を調達し、それを1から製作する
  • 製作した機械と部品を組み合わせてテストを繰り返す
  • 問題なくテストを繰り返したあと、納品を行いさらに立ち会いからアフターフォローまでを行う